HOME>注目記事>治療の申込方法と始め方をしっかりと理解しよう

見えない矯正治療

マウスピース

大阪でも美しい歯並びを目指して矯正を始める人は多くなっていますが、装置が目立つことに抵抗を感じる人もいます。そこで注目されているのが透明のアライナーを装着して歯を動かすインビザラインです。装置はほぼ透明なので人前に出る機会の多い人も安心して治療を始めることができます。インビザラインの治療はどのように申込むのかも気になるところですが、まずは大阪でインビザラインに対応した歯科医院を見つけましょう。治療は長く続けていくことになりますので、通いやすさも重視したいところです。そして、誰もがこの治療に対応できるわけではありませんので、まずはカウンセリングの予約を行い、歯科医師に治療が可能かどうかを判断してもらいましょう。

治療の始め方を知る

治療器具

大阪の歯科医院でカウンセリングの内容に納得できれば、いよいよ治療を進めていくことになります。カウンセリング後は精密検査を行い、口腔内の写真撮影やレントゲン撮影などを行います。歯のクリーニングが必要な場合は治療前に済ませておきましょう。精密検査が終わったら、いよいよインビザライン作成用の歯型を取ります。口腔内3Dスキャニングで精密な歯型のデータを取ることができます。マウスピースな何度も交換するので複数を作成しますが、最初のスキャニングのみですべてのアライナーが作成できます。それゆえ、何度も歯型を取る必要はありません。

アライナーが完成したら

歯

アライナーが完成したら、いよいよ治療を開始します。歯科医院ではアライナーの取り外し方や使用方法を説明してくれますので、わからないことがあればしっかりと質問しておきましょう。大阪でも人気のインビザラインはマウスピースを装着するだけと考えている人もあるかもしれませんが、アタッチメントの装着や歯を動かすためのスペースを作るために少し歯を削らなくてはいけないことも理解しておきましょう。自由に取り外しができることがメリットですが、歯を順調に動かすためには1日20時間以上の装着が必要です。

広告募集中